【大阪・名古屋開催】製造現場のムダ取り実践シリーズ

『加工そのもの』『手待ち』『運搬』のムダ取りと改善セミナー 2021/1/27 (水)

2020 日本能率協会中部地域限定研修プログラムガイド ダウンロードはこちらから

開催概要

参加対象

・製造部門の中堅社員、リーダー、管理者、スタッフの方
・改善活動推進担当の方、生産管理担当の方、OJT指導・インストラクターの方
・「ムダ取り」の改善案が出せなくて困っている方、新しい着眼点を取り入れたい方

本セミナーのねらい・特長

「ムダ取りに」による改善活動がうまく進められていない・・・。
そもそも「ムダ」に気づいていないことが多い・・・。
と、言った声が多く聞かれます。
強い現場は常に改善のサイクルが回っています。
改善活動の第一歩は、日々の【当たり前】と思い込んでいる業務に潜む様々な「ムダ」への気づきからです。

本セミナーでは、加工そのもののムダ/手待ちのムダ/運搬のムダの真意・目的を理解し、グループワークのゲームを通じて具体的改善手法を体験的、実践的に学ぶことで、実務の課題解決に結びつけられます。

プログラム

項目 内容
1日
10:00~17:00

1.加工そのもののムダ/運搬のムダ/手待ちのムダに気づこう!

・製造現場の7つのムダにおける加工そのもの/運搬/手待ちのムダ

・4M視点で加工そのもの/運搬/手待ちのムダの抽出

・ムダを取ることによって生まれる効果

2.「加工そのもののムダ」のメカニズム

・つくるスピードを決める

・部分最適からの脱却

・ボトルネックを解消しラインバランスを整える

・工程別能力表の作成

3.「運搬のムダ」のメカニズム

・まとめてつくるとムダを生む

・集点・分点があるとムダを生む

・積み替え、載せ替えがムダを生む

・ストック型からフロー型/一個流し生産へ

・U字ライン設計/着々化

・標準作業組合せ票の作成

4.「手待ちのムダ」のメカニズム

・人を機械の番人にさせない

・標準手持ちとは

・標準作業票の作成

5.加工そのもの/運搬/手待ちのムダ削減の実践演習

改善ゲーム:机上に切断工程→塗装工程→乾燥工程→組立工程→検査→出荷の仮想工場をつくり、ムダに対する工程改善/整流化改善策を実施し、効果を測定する。

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

ご案内

講師

石川 秀人 コンサルソーシング株式会社 エグゼクティブ・コンサルタント

一部上場大手メーカー勤務後、(社)日本能率協会、(社)中部産業連盟、トーマツコンサルティング(株)などを経て、2005年にトヨタグループOBらと現コンサルティングファームを設立し、現在に至る。
TPSベースの現場改善、5Sなどのテーマで国内外のコンサルティング、および、後援会・セミナー等で活躍中。

【著 書】
「最新トヨタ式の基本と実践がよ~くわかる本」
「最新5Sの基本と実践がよ~くわかる本」
「製造現場の見える化の基本と実践がよ~くわかる本」
(以上 秀和システム)等。

関連セミナーのご案内

『つくり過ぎ』『在庫』のムダ取りと改善セミナー

『不良をつくる』『動作』のムダ取りと改善セミナー

参加者の声

・実践演習をした事により、より具体的に改善効果が分かりためになりました。
・グループでの演習。体験してみて内容がよく理解できました。
・人の動きだけでなくモノの流れを見る事が大事という点が参考になりました。
・作業ムダもどのように改善につなげていくか考えさせられました。
・標準作業3票を活用することにより、ネック工程や手持ちの時間などがわかりやすく改善しやすと感じた。

 

会場(名古屋)

日本能率協会・研修室(名古屋)

〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目26番25号 メイフィス名駅ビル6階
TEL:052-581-3271

交通アクセス

JR名古屋駅 広小路口徒歩7分
名鉄名古屋駅 より徒歩5分
ミヤコ地下街4番出口すぐ前

お申込みはこちらから

2007-2020© Japan Management Association All Rights Reserved.