【大阪・名古屋開催】ヒューマンエラーに強い職場づくり

ヒューマンエラー防止研修 2021/3/2 (火) 3(水)

2020 日本能率協会中部地域限定研修プログラムガイド ダウンロードはこちらから

・「記憶」「認知」「判断」「行動」「記憶」といった人の情報処理システムを切り口とし、
・人がヒューマンエラーを起こすメカニズムからみた作業のやりにくさ、エラーを誘発する要因を抽出し、
・要因を排除・緩和するなど適切な対策・改善・マネジメントを行う

開催概要

対象

ヒューマンエラー問題に困っている
・担当者の方
・管理・監督者の方
・経営幹部の方

セミナーのねらい

みなさまが実施されているヒューマンエラー対策活動は再発防止型が中心ではないでしょうか。再発防止型では、何か問題が発生してからしか活動が展開出来ず、モグラ叩き的な活動になりがちです。
これからは、現状で作業・業務をやりにくくしている阻害要因をすべて抽出し、それを排除・緩和していこうという未然防止型の改善アプローチに変えていくべきです。
ヒューマンエラーの対策力向上には、いろいろな角度から網羅的に検討することが重要です。本研修では、再発防止のための考え方はもちろんのこと、未然防止型の活動を展開するための考え方、手法を学び、ヒューマンエラーに強い職場づくりを目指します。

演習を主体とした「体感」「体得」に力点を置いたカリキュラムです。
検討・発表・質疑応答などさまざまな場面で、気づきを促すしかけとなっております。

セミナーで学べること

●人の情報処理システム
●ヒューマンエラー発生のメカニズム
●エラーを誘発する要因とその抽出視点
●エラーを取り巻く構造からみた対策立案視点

受講者の声

●ヒューマンエラーのタイプによって分類でき、そこから傾向が見えてくることがよく理解できました。
●演習が多くあり理解が深まりました。色々な業種の方の発想・意見は大変参考となり、有用なものでした。
●ヒューマンエラー要因をカテゴリー別に検討することに対し、とても興味深く取り組むことができました。
●もう一日多く学びたいほど濃い内容でした。丁寧にアドバイスいただき、ありがとうございました。

◆参加者特典:ヒューマンエラー要因抽出チェックリスト

プログラム

1日目:ヒューマンエラーへの理解、エラー要因抽出力の向上 (10:00~17:00)

◆ オリエンテーション

1.ヒューマンエラーの基礎知識

2.人の情報処理システムからみたヒューマンエラー発生
・メカニズムとエラー要因の抽出

3.ヒューマンエラーリスクマップ作成  【演習1】
[ねらい]
・各工程・業務におけるヒューマンエラー傾向を見える化する
・発生傾向をみて、改善の重点対象を設定する
・発生例はないが、発生可能性のあるエラーリスクを想定する(水平展開・未然防止)

4.ヒューマンエラー要因の抽出  【演習2】

2日目:改善の基本ステップを一通り実践できるようになる (10:00~17:00)

◆ 1日目の振り返り

5.現状分析(時系列分析)  【演習3】
[ねらい]
・ヒューマンエラー、不具合に至るまでの経緯が第三者でもわかるよう、時系列、視覚的に整理する
・「誰が」「いつ」「何を」「どうした」を明確にする。

6.ヒューマンエラー要因の抽出  【演習4】

7.対策の立案  【演習5】

8.今後に向けて

ご案内

講師

大西 弘倫  (株)日本能率協会コンサルティング 経営コンサルティングカンパニー 品質革新センター チーフ・コンサルタント

会場について

開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について

・上記金額にはテキスト(資料)・昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員

参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

プログラムについて

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

会場(名古屋)

日本能率協会・研修室(名古屋)

〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目26番25号 メイフィス名駅ビル6階
TEL:052-581-3271

交通アクセス

JR名古屋駅 広小路口徒歩7分
名鉄名古屋駅 より徒歩5分
ミヤコ地下街4番出口すぐ前

お申込みはこちらから

2007-2021© Japan Management Association All Rights Reserved.