若手・中堅技術者がおさえておくべき知識・スキルを学ぶ

設計品質向上基礎セミナー 2019/10/8(火)

開催概要

対象

・開発、設計、技術、品質保証部門の方
・若手・中堅エンジニアの方
・設計の品質を向上させたい方
・設計の計画をスムーズにさせたい方

セミナーのポイント

●現状の設計品質に関わる問題点の共有
●「節目管理」に着目した品質維持・向上のストーリーづくり
●職場における、品質向上のための議論のきっかけづくり

セミナーのねらい

製造業における開発設計の現場では、効率化・スピード・コストが最優先で求められてきた結果、
不具合の根本原因の追究と対策、技術の深堀りなどにあまり時間がかけられず、
似たような問題を繰り返し発生させてしまい、技術力や生産性が退化してしまっているように感じます。

この状況を打破するために、改めて「品質」へのこだわりを重要視すべきではないでしょうか?

若手・中堅技術者が今後リーダーシップを発揮するために、まずは設計品質のつくり込み方を学ぶことが有益です。
本セミナーでは、知識習得のみならず、覚えたことをどのように成果につなげるか、品質を差別化するにはどうするか
についても、一緒に考えていきます。

このような課題をお持ちの方に特におすすめです

■ 曖昧な仕様による基本・詳細設計のやり直し
■ 評価段階での不具合対応増加
■ 評価項目のヌケ・モレによるフィールド問題増加
■ 設計品質が安定しないことによる次機種へのリソースシフト遅れ
■ 納期遅延による売上機会損失

受講者の声

・事例を交えて具体的に講義していただいて、よく理解できた。
・他社も似たような問題点を抱えており、どのように改善できるか一緒に考えることができた。
・説明が具体的で、特に大事なことをキーワードで伝えていただいたので理解しやすかった。
・本に載っているような内容ではなく、実事例や現場が見える話をしていただき、ありがたかった。
・自職場での問題とセミナー内容が直結しており、自らに置き換えて研修を受けることができた。

プログラム

1日 9:30~17:00

1.設計品質に関する一般的な問題点

2. 設計品質向上の基本的な考え方
(1)設計品質向上の主目的
(2)設計品質向上への5つの原則と基本手法体系

【実習】 開発設計テーマの振返り分析
【実習】 問題解析・T型マトリクス分析

3.再発防止に向けた基本手法
(1)設計品質問題の振返り分析方法
(2)なぜなぜ分析手法    【演習】

4.未然防止に向けた基本手法
(1)FMEA/DEBFM手法

5.その他の設計品質手法

6.まとめ、Q&A

ご案内

講師

渡部 訓久
(株)日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント

会場について

・開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について

・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員

参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

プログラムについて

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連リンク

【中部(名古屋)地域 公開教育年間案内】
https://jma-chubu.com/

会場(名古屋)

日本能率協会・研修室(名古屋)

〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目26番25号 メイフィス名駅ビル6階
TEL:052-581-3271

交通アクセス

JR名古屋駅 広小路口徒歩7分
名鉄名古屋駅 より徒歩5分
ミヤコ地下街4番出口すぐ前

お申込みはこちらから
カスタマイズ研修をご希望の方は
お問い合わせください。

2007-2019© Japan Management Association All Rights Reserved.