【名古屋開催】自社の経営戦略にマッチした教育・研修体系をつくる手法を学ぶ

“教育研修体系のつくり方”セミナー 2019/10/3(木)

2019 日本能率協会中部地域限定研修プログラムガイド ダウンロードはこちらから
教育・研修企画実務基礎セミナー と合わせて受講いただくとより深く学ぶことが可能です。

開催概要

ねらいと特長

経営課題がますます複雑化し、変化のスピードが加速するなかで、個人の早期育成と組織力として昇華する施策が必要です。
力強く経営戦略を実現していく個人と集合体である組織を構築していかなくてはなりません。
しかしながら、現状の人材育成施策としての教育研修体系は、戦略実現のためのものとはなっていないことも見られます。
昨年までの同じもので不満が出ない教育研修ではなく、経営課題解決に本当に役立つ教育研修を提供できているのか、確認して、適切速やかに見直しを図っていく必要があるといえます。
本セミナーは、経営課題解決を視野に含めた、機能する「体系づくり」の視点を学び、自社に活かしていくことがねらいです。

参加対象

・教育研修企画担当者
・人材マネジメントや経営課題と連動した教育・研修を検討している方
・職場内で教育・研修にたずさわっている方
・人事・人材開発・経営企画部門の部課長・スタッフ

事前準備

自社の現状の研修体系をお持ちください。(ない場合は不要です)

特色

・参加者の皆様による相互交流会(事例紹介や意見交換等)を開催いたします。(予定)

参加者の声

●教育体系図の色々な形式を知ることができ、また講師の先生がとても頼りになる方で大変よかった。(製造業/教育企画)
●研修体系の見直しのための観点が、自然と浮かんできそうになる良いセミナーでした。(IT/人事部)
●他社の方との意見交換や取り組み内容が参考になり、大変役立った。(製造業/人財開発部)
●体系図の作成・修正をするにあたり、何をポイントとして進めればよいのかが分かった。(化学/生産企画)
●自社の問題点の解析ツールにより具現化する点が役に立った。(磁性部品製造/人事)

プログラム

10:00~17:00

オリエンテーション

1 教育研修体系の構造
①教育研修体系の目的
・教育研修体系とはなにか
・教育研修体系でなにを目指すのか  【ワーク】
②教育研修体系を見直すべき時
・重要性はわかっているものの
・教育研修体系の問題点~3ないに襲われている
~メッセージが伝わっていない・役に立たない・手応え感がない
③教育研修体系を取り巻くもの
・環境変化、多様性受容、人材育成競争そしてキャリア開発思考
・少子化、AI時代、ダイバーシティの時代の教育研修  【演習】

2 教育研修体系の作成・見直し方
①自分の成長から教育研修体系に必要な要素を考える  【ワーク】
・教育体系に必要な要素を確認する
・大所高所と実務の二面性=戦略実現人材と業務遂行人材の育成という視点
②教育研修体系設計と見直し  【ワーク】
ⅰ設計=価値前提アプローチ(環境・変化への適応・経営理念・未来実現)
1 戦略達成遂行
2 人材必要要件
3 組織人員構成
ⅱ改定(見直し)=事実前提アプローチ(現在課題への対応・問題解決)
1 全体調整統括
2 個別内容改定
3 効果視点検証
ⅲ領域視点=全社もしくは個別事業視点(縦横の育成とスキル養成)
ⅳ壁壊し視点=地域・統合的視点
③教育研修体系作成  【グループワーク】
ある会社の教育研修体系の作成並びに見直し
・課題と対応策としての教育研修体系の考察
・グループワークによる教育研修体系検討

3 教育研修体系を見直す
①そもそも論~あらためて、もっとも大切なことを確認しよう
②どんな人材像であるべきか
③自社の教育研修体系を評価する~陥りがちなこと
④体系のあり方
⑤個別人材までに目を配る
⑥見直しのステップ  【事例紹介】
・教育体系の改定ステップ
・把握、検討、実行、フォロー

4 教育体系の見直し   【個人ワーク】~希望により講師アドバイス
<教育研修体系を見直す> …変化・目指すべき方向・人材像・仕組みと仕掛け
・教育研修体系に取り入れるべき要素
・自社の人事・組織課題並びに対応ポイントの明確化
・検討した内容をもとにした意見交換  【発表・意見交換】

5 セミナーの振り返りとまとめ

ご案内

講師

廣岡 久生  JMA専任講師
コンソリューション 代表コンサルタント

企業の人事部門勤務後、大手コンサルティングファームにて人事戦略・経営コンサルティング業務に従事。その後独立し、経営・人事領域の指導・支援活動を行う。
【専門分野】
●経営ビジョン再構築 ●経営課題決定のための仕組みづくり
●人事制度構築・定着化・運用支援 ●やる気アップの仕組みづくり 他
【出版・執筆】
『社員の給与ボーナス決め方モデル例』(ぱる出版)
『社員の業績評価決め方モデル例』(ぱる出版)
『新「給与/賞与」制度簡便改訂マニュアル』(アーバンプロデュース)
『ケースで学ぶ経営管理』(中央経済社)
『戦略を実現し、業績を高める 業績評価システムの導入・運用のしかた』(中央経済社)<共著>

会場について

開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について

・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員

22名(5名に満たない場合は中止または延期する場合があります)

プログラムについて

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連リンク

【関西(大阪)地域 公開教育年間案内】
https://www.jma.or.jp/kansai/【中部(名古屋)地域 公開教育年間案内】
https://jma-chubu.com/

会場(名古屋)

日本能率協会・研修室(名古屋)

〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目26番25号 メイフィス名駅ビル6階
TEL:052-581-3271

交通アクセス

JR名古屋駅 広小路口徒歩7分
名鉄名古屋駅 より徒歩5分
ミヤコ地下街4番出口すぐ前

お申込みはこちらから

2007-2019© Japan Management Association All Rights Reserved.