ポカミスゼロへの アプローチ方法 習得セミナー 2019/12/5(木)

2019 日本能率協会中部地域限定研修プログラムガイド ダウンロードはこちらから

開催趣旨

対象

・製造現場のリーダー、管理職の方
・工場の改善部門の方

開催趣旨

これまでもポカミス対策を実施してきたが、ポカミスをゼロにすることができていない。人だからミスをするのは仕方がない、と諦めかけていませんか?
本セミナーでは実際にポカミスを解決した事例からまとめた20の要因と20の対策をわかりやすく解説いたします。

セミナーのねらい

□ ポカミスをなくしたい
□ ポカミスを未然に防止したい
□ ポカミスを発生させない人づくりをしたい

プログラム

1日(10:00~17:00)

1. 基本的な考え方

・ポカミスの特徴とは?ポカミスがなくならない理由
・20の要因を知ることで未然に防止できる
・6つの新しい考え方による20の対策を実施する

2.知らなかった対策

・初期ポカミスの80%が知らなかったから起こる?!ポカミスを故意に起こす作業者はいない
・ポカミスを起こす作業が標準に書かれていない?!NG/OKシートの活用
・ポカミスに対するルールがないと、作業者は良かれと思って勝手な判断をしてしまう
・新人にポカミス教育をすることは重要

3.ルールを守らせるには

・ルールを守らないのは誰の責任か?
・標準の7つの不備を解消する
・新たな教育・訓練のしくみを構築する
 ・教育に有効なビデオ標準の活用
 ・聞きたいときに聞ける:AIアドバイザー
 ・できない作業を習得する:訓練キット
・計画的に人材育成をする
・任せきりの職場=コミュニケーション不足から脱却する

4.うっかり対策

・うっかりのメカニズムとは
・うっかりは発生するタイミングで2つの分けられる
・うっかりの根本対策→作業者思いの改善
・人の特性を理解したうっかりがでにくい環境づくりポカミス対策における整理・整頓の意味

5.限界作業の改善

・人の作業には限界がある
・人に頼った検査のミス:AI画像認識の活用
・データ入の力ミス:音声入力の活用
・判断ミス:AIアドバイザー

6.モラルが上がると生産性があがる

・モラルとは=行動規範、やる気、チェレンジ精神
・小集団におけるモラルマネジメント
・8つの施策
 ・尊敬される上司になる7原則
 ・人は感情の生き物

ご案内

担当講師(敬称略)

大谷 みさお
㈱ロンド・アプリウェアサービス

日立東京エレクトロニクス㈱入社、半導体製造部門に従事。
1998年㈱ロンド・アプリウェアサービスに入社。
これまでに組立・プロセス産業23社3団体からの依頼を受ける。
安定生産ができる職場づくりを目的に標準整備、原則整備や業務改善などを担当。
現場作業者と一体になり行う“現場実践型”コンサルティングスタイルで現場で維持できる時代にあったものづくりを目指す姿勢に定評がある。

定員

20名(最小催行人数に満たない場合は中止することがあります)

プログラムについて

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。

会場(名古屋)

日本能率協会・研修室(名古屋)

〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目26番25号 メイフィス名駅ビル6階
TEL:052-581-3271

交通アクセス

JR名古屋駅 広小路口徒歩7分
名鉄名古屋駅 より徒歩5分
ミヤコ地下街4番出口すぐ前

※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

お申込みはこちらから

2007-2019© Japan Management Association All Rights Reserved.