若手・中堅社員のための 【社会人基礎力】強化セミナー~“前に踏み出す力”強化編~ 2020/12/3(木)4 (金) 2021/3/3 (水)4 (木) 

2020 日本能率協会中部地域限定研修プログラムガイド ダウンロードはこちらから

開催概要

対象

・チームリーダーとして、メンバーを巻き込み成果を挙げることが期待される方
・任された仕事は充分こなせるが、自分発信で仕事を創り出すことを求められる方
・次期リーダー候補として、仕事の仕方をどう変えていけばいいか知りたい方

研修の特色

期待される若手・中堅社員、チームリーダーに求められるのは、問題・課題に対して当事者として真摯に向き合う「主体性」、メンバーや関係者と協働する「働きかけ力」、成果を出すためのPDCAを徹底する「実行力」。
本研修では以下の視点から若手・中堅社員の「前に踏む出す力(アクション)」を鍛錬します。
◆JMAが開発した「社会人基礎力チェックリスト」で、自分自身の社会人基礎力12の能力要素の強みと弱みを可視化する
●「主体性」「働きかけ力」「実行力」職場で求められる使命と役割を可視化、再認識する
●自分自身の将来像を描くとともに、今後3ヶ月~1年の「前に踏み出す力」のアクションプランを作成・相互交流、コミットする

「社会人基礎力」とは

経済産業省が主催した有識者会議により、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力を「社会人基礎力(=3つの能力・12の能力要素)」として定義したもの。
本セミナーでは、「前に踏む出す力」(アクション)の3要素、若手・中堅社員に求められる『主体性』『働きかけ力』『実行力』を重点に、業務遂行、問題解決場面での意識・スキル・ツールを講義・ワークショップを通じて修得いただきます。

プログラム

項目 内容
1日目
9:30~17:00

1 若手・中堅社員として抑えるべき環境変化

(1) 社会~業界~当社~担当領域~担当業務

(2) 「人生100年時代」に必要な「社会人基礎力」とは

(3) 自己の「社会人基礎力」セルフチェック

~これまでの社会人生活の振り返りと強化すべき行動習慣・能力の発見

「社会人基礎力」セルフチェック相互インタビュー

2 なぜ、「主体性」を高めることが求められるのか

(1) 「主体性」を発揮する要素

(2) 「主体性」を高める「問題意識」の重要性

(3) 問題認識のレベルの違いを振り返る

(4) 問題を分割する、深堀する、改善意識とスキルが「主体性」を高める

ワークショップケース討議:主体性発揮場面

ワークショップ相互インタビュー:主体性発揮のTPO

2日目
9:30~17:00

3 なぜ、「働きかけ力」が必要なのか

(1) 組織、チームの構造と機能を再認識する

(2) 「働きかけ力」を発揮する要素

(3) 「働きかけ力」を高める「意識・日常業務」の重要性

(4) コミュケーションと論理性が「働きかけ力」を高める

ワークショップケース討議:ステークホルダーへの働きかけ

ワークショップロールプレイ:上司への依頼・説得

4「実行力」を強化するPDCAの原則

(1) PDCAの前提として必要な2つのW(Why & What)

(2) PDCAの原則と問題、課題ごとの応用を知る

(3) PDCAを階層化して、マイルストーンでゴールを定義する

(4)「主体性」と「働きかけ力」で「実行力」を高め成果を創出する

ワークショップケース討議:目標・計画設定

5 近未来を見据えた明日からの行動計画を具現化する

『 業務面・自己啓発面から考察する行動計画』

ワークショップ個人ワーク:行動計画の策定ワークショップ相互インタビュー:コミットメント

総括と質疑応答

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

ご案内

講師紹介(敬称略)

船橋 正美
一般社団法人日本能率協会
経営・人材革新センター 専任講師

定員について

30名(開催地域により、定員が異なる場合がございます。)
(参加人数が最少催行人数に達しない場合は、延期もしくは中止にさせていただく場合がございます。)

会場(名古屋)

日本能率協会・研修室(名古屋)

〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目26番25号 メイフィス名駅ビル6階
TEL:052-581-3271

交通アクセス

JR名古屋駅 広小路口徒歩7分
名鉄名古屋駅 より徒歩5分
ミヤコ地下街4番出口すぐ前

お申込みはこちらから

2007-2020© Japan Management Association All Rights Reserved.