【名古屋開催】若手・中堅社員対象

仕事の質とスピードを高める「4つの力」向上セミナー 2020/10/26 (月)

2020 日本能率協会中部地域限定研修プログラムガイド ダウンロードはこちらから

開催概要

対 象

・ 仕事の質もスピードも高めたい、若手・中堅社員の方
・ ワンランク上の仕事のすすめ方を習得したい方
・ 自分で考え行動する「自律型社員」になることを期待されている方

セミナーのねらい

仕事の質とスピードを高めるために必要な、以下の4つの力を向上させる
① 読み解き力・・・求められる仕事の質を正しく知り、評価される仕事をする
② 段取り力・・・・仕事を納期通りにすすめ、適切な時間管理を行う
③ さばき力・・・・優先順位をつけて業務を遂行する
④ 巻き込み力・・・周りと連携しシナジー(相乗)効果を発揮する

参加者の声

・立ち止まって客観的に仕事を見つめなおす良い機会でした(30歳代・女性)
・自身の凝り固まっていた考えが、ワークなどによって客観視できた(40歳代・女性)
・日常の忙しさから疎かになりがちだったコミュニケーションの大切さも再確認した(30歳代・男性)
・自分が抱えている課題をディスカッションで共有でき、業務に活かせる(30歳代・男性)
・講師の説明も分かりやすく、ケーススタディも多く、楽しく学べた(40歳代・女性)
・グループワークで色々な方の意見を聞けてとてもよかった(20歳代・男性)

プログラム

項目 内容
1日
10:00~17:00

1.仕事の質とスピードを高める仕事術

(1) これからの時代、今のままでは成果は上がらない

(2) 限られた時間で成果を出すための働き方・考え方

(3) 質・スピードを高め、残業を減らす「ワーク・ライフ・マネジメント」の実現

(4) 自分で考え行動する「自律型社員」になる

2.相手の意図を把握する≪①読み解き力≫

(1) 質が高い情報が仕事の精度を高める

(2) 相手の気持ち・状況を理解する

  • ケーススタディ

(3) こんな時どう対応する?

3.仕事を納期通りにすすめる≪②段取り力≫

(1) 段取りとは「業務を効率的にマネジメントする力」

(2) 効果的な段取り実例

  • 個人ワーク

(3) 今より効率を上げる仕事の進め方

(4) 明日を創るための投資の時間が生み出せているのか?

  • 個人ワーク

~業務のマトリックス化~

(5) 仕事の“見える化”で割り込み仕事を削減する

4.業務を効率的に遂行する≪③さばき力≫

  • ケーススタディ
  • 体験学習

(1) 効率よく業務を遂行するための「仕事の優先順位」のつけ方

(2) 「鳥の目、虫の目、魚の目」で仕事全体を俯瞰して考えながら遂行する力

(3) 優先順位の判断軸を明らかにする

5.周りへの影響力を発揮する≪④巻き込み力≫

(1) 人は「無理強い」や「説得」では主体的に動かない

(2) 影響力を発揮するための周りとの関わり方

(3) リーダーシップとフォロワーシップ

(4) チームの成果を高める連携 ~上司や同僚を巻き込む仕事術~

(5) 効果的な後輩育成のコツ

  • ケーススタディ

(6) こんな場合どうする?

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

ご案内

講師

【東 京】全日程
山田 容子 株式会社ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサー

ワーカー、学習塾経営を経て、人材育成トレーナーとして、階層別研修、コーチング、心理学、メンタルヘルスなどの分野で活躍。「すべての人が仕事を通して持てる力を発揮する」ことをモットーに、受講者の自信と行動を引き出すことを得意としている。

【大 阪・名古屋】全日程
鶴田 理絵 株式会社ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサー

◆大学の理工系学部卒業後、異文化相互理解を目的としたNPOに延べ6年間勤務。語学スクール、講演会等の運営業務に従事する
◆人材教育企業に営業担当として10年間勤務、研修の企画運営に携わる
◆大阪市立大学大学院創造都市研究科博士課程に在籍、人材育成に関する研究を行っている
◆㈱ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサーとして、現在に至る

定員について

30名(5名に満たない場合は中止・延期することがあります。)
※開催地域によって定員が異なる場合があります。

会場(名古屋)

日本能率協会・研修室(名古屋)

〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目26番25号 メイフィス名駅ビル6階
TEL:052-581-3271

交通アクセス

JR名古屋駅 広小路口徒歩7分
名鉄名古屋駅 より徒歩5分
ミヤコ地下街4番出口すぐ前

お申込みはこちらから

2007-2020© Japan Management Association All Rights Reserved.