【名古屋開催】~社内外からの信頼が業務運営の鍵~

調達マネジャー実践力強化セミナー 2019/10/15(火)

開催概要

対象

調達部門の部課長クラス

※他部門から異動された新任部課長の皆さんには、下記セミナーを先に受講されることをおすすめします。
【新任バイヤー早期戦力化セミナー】
【中堅バイヤー実践力強化セミナー】

本セミナーのポイント

・マネジャーの役割は ①課題を持つこと、②責任を果たすこと、③実践すること の3つです。
・会社方針や事業方針にどのように担当領域における調達活動で貢献することができるかの方針を定め、状況変化に応じて意思決定していかなければなりません。そして、調達マネジャーは部下の活力を引き出し、関連部門との連携を通じて、取引先にその能力を発揮してもらわなければなりません。
・それら業務運営において最も重要なことは、社内外から信頼されているかということです。信頼される調達マネジャーになるためには何を為すべきか、本セミナーを通じて共に考えていきます。

事前アンケートのお願い

参加証に事前アンケートを同封いたします。ご自分あるいは調達組織が抱えている調達課題や貴部門の重点施策の骨子などを差支えのない範囲でお知らせください。(お一人3点程度)

プログラム

1日 10:00~17:00

1.信頼を得るために為すべきこと
・調達部門実態調査報告書(2017)のアンケート結果を踏まえて、信頼を得るために必要な為すべき業務について解説します。
・取引先からの信頼を得る。社内関連部門からの信頼を得る。上司部下から信頼を得る。

2.課題の整理
・事業計画策定(関連部門への協力要請)
・調達戦略とサプライヤー戦略の立案
・調達業務の優先順位・劣後順位(その仕事は何のためにやっているのか)
・能動的コーディネーターとは(マルチコミュニケーション能力)

3.調達の責任を果たす
・調達責任の明確化・宣言(Commitment)
・説明責任(Accountability)を果たす
~言い訳と取られないためには~
・目的はプライスダウンではなく、利益改善・利益創出

4.調達施策を実践する
・調達のアカデミズム(PMI、環境分析、網羅性、論理性)
●業界分析により取引先との関係性を考える
・目で見るな、足で見ろ。頭で考えるな、手で考えろ。(Tear Down、三現主義)
・週次でPDCAサイクルを回す
・サプライヤーへの丸投げではなく、協創
・技術説明会・展示会・工場見学会の主催
・部下の育成(上司の背中を見せよ)
●業務に対応したスキルが備わっているか
●部下のロードマップを描く、期待する、導く
●担当者の仕事とマネジャーの仕事の違い
●重要なのは上司の質問力
・組織編制とプロジェクト対応の留意点
・コンプライアンス(法律遵守と調達倫理)とCSR

5.質疑応答
本セミナーテーマの枠を超えて、時間の許す範囲で質疑応答を行います

ご案内

講師

藤田  敏  調達科学研 代表
1981年 ソニー㈱入社、1988~91年、95~2003年、調達責任者としてアメリカ各地赴任。2009年 ソニー㈱調達本部 部門長。2013年 調達科学研 設立。調達コンサルティング、講演の他、日本能率協会の教材開発、研修プログラム開発を支援している。32年間の資材調達購買部門の経験、世界30か国以上での交渉実績を通じて、調達領域に留まらず、社内部門連携や取引先連携など、広く経営改革や業務効率化の構築支援に取り組んでいる。日本経営システム協会 理事。

会場について

開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について

・参加料にはテキスト(資料費)、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員

参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

プログラムについて

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連リンク

ものづくりポータルサイト
http://jma-column.com/

会場(名古屋)

日本能率協会・研修室(名古屋)

〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目26番25号 メイフィス名駅ビル6階
TEL:052-581-3271

交通アクセス

JR名古屋駅 広小路口徒歩7分
名鉄名古屋駅 より徒歩5分
ミヤコ地下街4番出口すぐ前

お申込みはこちらから

2007-2019© Japan Management Association All Rights Reserved.