工場管理、改善活動、人づくりの課題・革新へ立ち向かった職場活動の成果発表!

第37回 『第一線監督者の集い:名古屋』 2019/1/17(木)18(金)

開催概要

後援

愛知県

参加対象者

第一線管理・監督者 生産革新推進スタッフ
事業所長・工場長および生産・製造・人材育成担当者

第一線監督者の集い:名古屋とは

◆工場管理、改善活動、人づくりの課題・革新へ立ち向かった職場活動の成果発表!
◆勇気と活力に満ち、やりきる力、職場の団結力に触れる!
ものづくり現場の第一線監督者のための“経験交流”の場です。

<沿革>
本大会は、1982年(昭和57年)当時の日本能率協会中部地域評議員会・議長である故・大野耐一氏〔当時 豊田紡織(株)相談役〕のご尽力を得て、第1回目を名古屋で開催いたしました。以来33年間にわたり、各社で活躍される第一線監督者の方々による職場活動事例の発表と情報交流の場として毎年1月に実施しております。

第一線監督者による活動事例発表

第一線監督者による事例発表は、第一線監督者として

【1】工場または事業所の課題と目標をどう理解しているか。
【2】自職場の課題とありたい姿についてどう考えているか。
【3】改善の取り組みや人材育成の場面で、どのようにリーダーシップを発揮したか。
【4】今後どのような役割を果たしていくか。

この活動事例発表は、具体的な改善事例の活動内容・成果に加えて、発表者自身が、第一線監督者としてその取り組みに対してどのような役割を担い行動し、職場をマネジメントしたかについて、発表するものです。

第一線監督の心構え

ご案内

料金について

・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

プログラムについて

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

会期

2019年1月17日(木)~18日(金)

会場(愛知)

愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 大ホール

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅
4丁目4-38

お申込みはこちらから

2007-2018© Japan Management Association All Rights Reserved.